ホーム > 付添看護料共済

付添看護料共済

広島県手をつなぐ育成会『付添看護料共済』とは

心身に障害のある人が病気やケガで入院し、付添看護が必要となったときや、突発的に他人に損害を与えたときの大きな出費に備えて、いざという時のためにみんなで助け合うことを目的にした共済です。

詳しくは、パンフレットをご覧ください。

共済ご加入についてのご案内・付添共済支部一覧表

共済ご加入についてのご案内

加入できる人
  • 広島県手をつなぐ育成会の会員で、知的障害のある人
  • 広島県手をつなぐ育成会の会員が扶養する知的障害のある方

※広島県手をつなぐ育成会の会員でない方はこちら

ご加入方法
  • ご加入の地域育成会支部またはご利用の施設支部にご連絡ください。
    支部が分からない場合は、広島県育成会共済事務局(電話082-537-1773)までご連絡をください。
  • 年度の中途加入もできます。中途加入の場合は、加入月数により掛金が変わりますのでお問合せください。
ご加入の方の声
  • このたびは娘の入院(白内障)で短い入院(2日)ではありましたが、この共済に入っていて給付金をいただきとても助かりました。ありがとうございました。

    (呉市 女性)

  • 利用している施設のガラスを壊してしまいましたが、費用の一部を賠償していただいたので大変助かりました。

    (広島市 男性)

  • 子どもが手術を受け1か月近く入院をしました。付添いをした看護給付金だけでなく、差額室料(差額ベッド費用)や諸費用などもいただけたので本当に助かりました。ありがとうございました。(※差額ベッド費用、入院諸費用、入院一時金はBプランの対象です。)
    (呉市 女性)

パンフレット【2018年4月改訂版】

規程、規約など

付添共済だより